Hikaru Kitamura

Assistant Professor, Department of Physics, Kyoto University
E-mail: kitamura‘at’scphys.kyoto-u.ac.jp


Research interests: Statistical physics and quantum chemistry
Quantum dynamics; intense x-ray phenomena; fluid metals;
phase transitions (gas-liquid-solid and metal-nonmetal transitions);
cluster chemistry; high-pressure physics; astrophysical dense matter.


  

宇宙に存在する物質は、温度(0-108 K)や圧力(0-1015 bar) に応じて、
固体・液体・気体・プラズマなど、様々な状態間の相転移を引き起こします
マクロな相転移現象(統計力学の世界)
と、その背後にある原子・分子レベルの
ミクロな電子構造(量子化学の世界)とのつながりを調べています。
特に、液体金属やクラスターに注目しています
また、物理学の基本原理である時間依存量子力学に基づいて、密度行列形式の
量子運動論を構築し、さまざまな物理化学現象を、電子系の動力学という
視点から理解します。例えば、固体の高強度X線現象をはじめとする
非平衡・非線形現象を
解析しています。



  ★ Derivation of the Drude conductivity from quantum kinetic equations
    (Selected as EJP Statistical Physics special collection 2016)

    Publication list is available here

Back to main page